社会人

社会人の方向けのクラスは2つのタイプのグループクラスをご用意しています。

◆クラス内容

「大人の初歩・やり直しコース」
中学英語で挫折された方、社会に出てからもう一度英語をやり直したい方のためのクラスです。TOEIC(L&R)で、それぞれのバランスは良く、300点~500点の方は、遠回りなようですが、基礎の再構築に取り組まれる方が結果的にはやく伸び、また、自分で表現したいことを言えたり、書いたりできるようになります。プライベートまたはグループレッスンがございます。グループクラスは途中からでもご入学いただけますが、前回学んだことから少しずつレベルアップしていくため、1からスタートされたい場合は、新規開講時(不定期)に始めていただくのがベストなタイミングです。募集時にはすぐ満席になる人気のコースです。

「時事英語4技能コース」

◆学習内容

茅ヶ崎方式英語のラジオスタイルでのニュースを聴いて英語を学ぶクラスです。現在、当教室では、初級~中・上級までのクラスがあり、海外赴任経験のある方、外資系に勤務の方、仕事で英語を使う方をはじめ、継続学習として学ばれている方が在籍されています。茅ヶ崎方式の特徴として、「学習者の通学継続期間が長い」という点があります。当教室はまだ開講3年ですが、全国の茅ヶ崎方式の教室では、10年以上の通っていらっしゃる方々も大変多くいらっしゃいます。また、引っ越しや転勤などでいったん茅ヶ崎方式をやめられてもまだ戻ってくる方が多いのも茅ヶ崎方式の特徴です。当教室でも、他の教室経験者の方が複数名いらっしゃいます。これは、体系的な学習に加え、毎回学ぶ内容は最新のニュースのため、飽きが来ず、また、大人の好奇心・知識欲を満たしてくれるというところが人気の秘密のようです。

◆インタラクティブディスカッションセッション
当教室独自の取り組みとして、3ヶ月に2回、生徒のみなさま主導によるインタラクティブなディスカッションセッションを設けています。これは、生徒のみなさまが交代でファシリテーター役になっていただき、ディスカッションセッションをリードするというものです。教材は、ご自身が所属されている一つ上のクラスの茅ヶ崎方式のニュース教材を使用し、担当の方が事前に準備を行います。セッションの準備にあたり、プレゼンの原稿の添削、リードの仕方等アドバイスを行っています。まだ始めて間もない企画ですが、主体的に英語を学ぶことができ、どのように話せば聴衆の人にうまく伝わるか、真剣に考える良い機会になると好評です。(クラスの人数にもよりますが、担当が回ってくるのは半年に1回程度です。)

レベルはこちら
2020年10月~2021年3月に学んだニュースの一覧はこちら
授業の体験記はこちら。(注:体験取材が行われたのは、コロナ感染蔓延前です。)
ディスカッションセッションに関するアンケートはこちら