インタラクティブセッション

「インタラクティブセッション」(対話双方向的セッション)とは、時事英語4技能の中級、中・上級のクラス(高校生を除く)で、5回の通常トレーニングが終わるごとに行っているディスカッションセッションです。セッションでは、リスニングを行い、それについてディスカッションをしますが、リスニングやディスカッションをリードするのは講師ではなく、生徒さんに行っていただきます。リーダーを経験することで、ディスカッションで意見を言う練習を積むだけでなく、いかに分かりやすく相手に伝えるか、共感するか、どのように見せたら(進めたら)他の生徒さんをうまく巻き込んで活発なセッションになるかなど、コミュニケーションやプレゼンに必要な力を養います。2021年は、インタラクティブセッションを(高校生を除く)全てのクラスで行っていきます。

また、セッションにはネィティブの先生にもご参加いただき、より良いプレゼンや意見の述べ方、英語の自然な言い回しなどを学びます。

◆ディスカッション用教材

中級は、講師がリーダーにお渡しします。ひとつ上の上級のクラスで使用している教材を用いて、リーダー役の方が準備します。

中・上級は、リーダーがご自身で探します。多くの方がTEDやBBCなどから探していらっしゃいます。

 

◆セッションのアンケート

Q. セッションは楽しめましたか?

楽しめた・・・92%
楽しめなかった・・・8%

Q. リーダーをされた方にお尋ねします。またリーダーをやってみたいですか。

やってみたい・・・100%

Q. 中・上級に生徒として「参加」された方にお尋ねします。リーダーが選ばれたトピックに興味は持てましたか。

興味深かった・・・100%

Q. 今回のセッションの感想をお聞かせください。リーダーの立場、参加者の立場、または、両方の立場として等、なんでも結構です。

・参加者の立場として参加させて頂いたのですが、リーダーの方が組み立ててくださった内容がわかりやすく、大変参加しやすかったです。普段の勉強の仕方とは違いより実践に近いコミュニケーションなのでまたやってみたいなと思いました。
・自分のレベルが低すぎてついていけず辛かったです。
・自分の言葉で話すことの大切さを改めて感じました。特に、Opinionの部分がうまく伝わってなかったと思うので。 他のリーダーの方は、難しい題材をとてもわかりやすく伝えてくださっていて、大変勉強になりました。
・ZOOMを利用してのセッションは、参加者の方が、ほぼミュートにされているため、反応がわかりずらい気がしました。
・リーダーとして、選んだ題材が適切であったかどうかなと悩むところです。
・他のリーダーの方のVocabularyの説明がとても分かりやすくて非常によかったなと思いました。自分の至らなかった点が見え、次回の参考になりました。
・トピックを通して出席者との相互コミュニケーションを活発化させられるリード力を学ばせていただきました。
・リーダーの方がよく準備されていて、楽しくレベルの高いセッションでした。有難うございました。
・今回のトピックは複雑だったため、セッションのリードを準備するにあたり、ニュースの内容や背景の理解に多くの時間を費やしました。英語力だけでなく教養レベルも高い参加者のことを思うと、しっかり準備しないとという気持ちになりました。ハードでしたが、その分得られたものも多かったです。