はじめに

5+1 Englishは、

シンプルな方法で「わかる」を「使える」にする 

武蔵小山駅西口から徒歩2分の

学生と大人のための、英語のトレーニング型スクールです。


これからは、英語を使って何ができるのかが問われる

近年、資格試験や入試が変わりつつあります。2016年~2017年にかけて、資格試験のTOEICや英検は、より実際に使える能力を測るテストになりました。また、2020年には、大学入試の英語が大きく変わり、2019年の都立高校入試の英語にスピーキングが加わります。大学入試の外部試験のひとつのTEAPでは、たとえば、大学の授業の一コマに見立てた状況の説明文を「読み」、その内容に関連する講義を「聴き」、さらにそれについて自分の意見を「書く」というような英語の4技能の能力をはかる問題があります。このテストでは、従来のような文法の知識を問うたり、和訳や英作文をさせるのではなく、英語でコミュニケーションを取るなかで、「英語を使って何ができるのか」が問われているのです。

社員に英語力の基準を設けている企業でも、目標として、従来のTOEICの点数に加え、スピーキング力やライティング力を測るテストを導入するところが増えていると聞いています。このような総合的な力は、一朝一夕では身につきません。「使える」ようになるためのスキルをつけることを意識したトレーニングをすることが大切です。

話題の引出しを作る

伝えるスキルが身についていても、伝える話題に困ったことはありませんか?外国人と話をしていて、会話に取り残された経験や、英語のエッセー(小論文)を書く問題で何を書いたらいいかわからない、という経験のある方は多いと思います。このように感じるのは、自分の意見をはっきり述べないという日本人の性格に加え、そもそも議論すべき話題について知らないということに由来しているようです。話すスキルがあっても、伝える中身が乏しいとコミュニケーションがうまくできません。5+1 Englishでは、伝える中身、「話題の引出し」も一緒に学んでいきます。